いわた歯科クリニック診療内容

小児歯科

shoni_img01.jpg小児歯科では、こどもの成長を考慮しながら、口腔や身体の発育の障害となる虫歯や歯並びを治療します。

乳歯が健全で正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。

乳歯はどうせ生えかわるものというのは間違いで、こどもの正常な成長発育には欠かせないものです。
小児歯科においては、治療と同時に予防もさらに大切です。

 

 

小児歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることでも、特に小さなこどもなら尚更です。
当院では、初めて治療に来たこどもが、恐怖感や痛みを感じないようにする工夫はもちろん、それぞれのお子様の性格を理解したうえで、安心して治療を受けていただけるよう努めております。

1.受診は午前中がお勧めです。
こどもの治療は、午前中の受診をお勧めします。昼過ぎや夕方になると、疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
2.嘘はつかないようにしましょう。
治療を嫌がる原因になりますので、なるべく嘘をついて連れてこないようにしましょう。
また、治療の後は、たくさん褒めてあげてください。
3.身軽な服装をさせましょう。
こどもは治療を嫌がって、泣いたり暴れたりする場合もあります。
汗をかきますので、治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。
4.リラックスさせましょう。
待合室では、本を読んで聴かせたり、なるべくリラックスさせるようにしてあげましょう。
 

 

シーラント

生えてまもないこどもの乳歯の奥歯や永久歯はやわらかく、虫歯になりやすい状態にあります。
溝が深いので、歯磨きしても、どうしても食べかすが残りやすく、歯の質も未熟なため、すぐ虫歯になってしまいます。
こどもの歯が虫歯になると、その次に生えてくる大人の歯にも影響を与え、歯並びが悪くなる原因にもなります。

虫歯になる前に、シーラントというフッ素の入った樹脂製の薬を歯の溝に流して固めることで、バイ菌が入らないようにし、虫歯になりにくくします。シーラントで歯の溝を埋めると、歯磨きがしやすくなり、奥歯が虫歯になる確率は下がります。
シーラントは歯の溝をきれいに掃除して埋めるだけですから、とても簡単です。

shoni_img03.gif

シーラントは、虫歯予防に有効な手段ではありますが、完全なものではありません。時間の経過と共に減ったり欠けたりして、虫歯が発生することも考えられますので、歯科医院での定期検診を受けましょう。

 

 

審美歯科

美しい笑顔を保つために

shinbi_img01.jpg歯を本来の姿にする、見た目の美しさを求めた歯科治療です。

いつまでも健康で綺麗な真っ白な歯でありたいというのは今も昔もずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです。笑顔が素敵な人は歯が綺麗であるということからも、歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。

そんなニーズに答えるのが審美歯科です。
綺麗な歯並びや白い歯をいつまでも保つことで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれ、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。
もちろん、審美歯科による治療は一時的な見た目の美しさだけではありません。いつまでも健康的で綺麗な歯を保つため、興味を持たれた方は一度当院までご相談ください。

 

 

セラミック

~最高の美しさ~
100%セラミック(陶材)を使ったものです。
土台が金属でないため、光が冠を通過するので、メタルセラミックよりも更に透明感があり、自然の歯の色に限りなく近くなり、大変美しく仕上がります。
芸能人の多くがオールセラミックを使用しています。
プラスチックと異なり水分を吸収しないので、いつまでも美しい白さを維持することができます。
摩耗がなく、耐久性に優れます。
金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。
高精度かつ汚れが付着しにくいため、歯周病や2次むし歯になるリスクが低くなりますが、ガラス質なので、極度に強い衝撃を与えると割れることがあります。

 

 

メタルボンド

~艶やか感がある美しさ
セトモノと金合金を合わせた素材です。
セラミックと同様にほぼ歯に近い近い色調が再現でき、ちゃんとメンテナンスをしていくことで
着色・変色をしない素材です。
shinbihikaku.jpg

 

 

ジルコニア

~かなり美しい~
ジルコニアセラミッククラウンは、従来のセラミッククラウンの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。
金属を一切使用しておりませんので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がありません。
強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。
また、土台の金属の色が透けるのを防いでいるため、審美的に美しく仕上げることができます。

 

 

ハイブリットセラミック

~日常での自然さ~
セラミック(陶材)にプラスチックを混ぜた材料を使ったものです。
自然の歯の色に近いので、会話の最中に歯が見えるような場合でも、気付かれることはあまりありません。
メタルセラミック・オールセラミックに比べ安価です。
高精度かつ汚れが付着しにくいため、歯周病や2次むし歯になる可能性が低くなりますがプラスチックを含んでいるため、メタルセラミック・オールセラミックに比べ耐久性が低く、変色します。

 

 

義歯

ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーは、弾力性のある新素材を使用しており、目立つ金属のバネが不要です。
入れ歯を気にせず、素敵な笑顔を見せて下さい。
ノンクラスプデンチャーは、素材がやわらかく、支えの金属が不要なので、セラミックやハイブリッドレジン等の白いさし歯を入れても傷つける心配がなく相性バツグン!
合わせてご検討の方はご相談下さい。

ノンクラスプデンチャーなら、支えの金属がないので、目立たずスッキリおさまります。

gishihikaku.jpg

 

 

ノンクラスプデンチャーと従来の入れ歯と比較して

gishi0001.jpg

  1. 金属を使用しないので目立たない。
  2. ハグキにフィットし違和感が少ない。
  3. お餅やガムがくっつきにくい。
  4. 弾力があり破折しない。
  5. 従来の入れ歯より、軽く薄い仕上がり。
  6. 金属がないので、残った歯の負担が軽い。
  7. 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない